PROFILE

草野華余子 : クサノカヨコ

“ただのオタクですが、勇気を出してロックやってます”

大阪府出身・東京都在住。シンガーソングライター/作詞作曲家。
3 歳の頃からピアノと声楽を始め、5 歳で作曲を始める。 中学生の頃に出会ったJ-ROCKシーンのバンドサウンドに衝撃を受け、18歳の関西大学進学を機にバンド活動を始める。2007年より「カヨコ」としてソロ活動を開始、2019 年に本名である「草野華余子」に改名。

自身の活動に加え、そのソングライティング力が認められ、数多くのアーティストやアニメ作品への楽曲を提供。2019 年にリリースされた LiSA「紅蓮華」の作曲を手掛け、一躍注目を集める。以降、西川貴教、A.B.C-Z、FANTASTICS from EXILE TRIBEなど、楽曲提供の幅を広げている。また、卓球愛好家としての一面を持ち、2022-2023シーズンから日本の卓球リーグ・Tリーグのアンセム制作を手掛ける。

2022年8月、 改名後初のアコースティックミニアルバム「カメレオンの憂鬱」のリリースを発表。シンガーソングライター兼クリエイターという” 二足の草鞋型アーティスト”として、より一層の活躍が期待されている。